*

呪いアプリ 第2夜 / ホラー小説

公開日: : 最終更新日:2015/02/15 ショート連載

呪いアプリ

前回【呪いアプリ1】

■呪われた友達の死から一夜

 

 

 

友達の死を聞いて一夜明けた。

 

 

私はというとあまり眠りにつくことが出来なかった。

 

 

それもそのはず、0時を過ぎ日付が変わったタイミングで呪いアプリから通知がきたからだ。

 

 

『あと6日だよ』

 

 

かわいいと思っていたドクロのマスコットも、この真っ黒にぽっかりと空いた目が恐ろしくなっていた。

 

 

「あと6日って……」

 

 

あと6日とあるがこれは何を意味するのだろう……。

 

 

これが呪いだとすると、私の命があと6日ってこと……?

 

 

「う、うう」

 

 

体験したことのない恐怖に出したことのない声が漏れる。

 

 

意識した声じゃなかった。

 

 

温かった部屋から急に寒い外に薄着で出てしまったときの声に似ている。

 

 

これからなにが起こるか想像も出来ない、という残酷な現実だけが私を待っていた。

 

 

 

■相談しよう。そうしよう

 

 

 

「呪いアプリ?」

 

 

未菜という友達にその存在について話した。

 

 

大学の友達にはとても言えなかった。それもそうだ、こんなことを言ってしまうと「友達の死をネタに面白がるマジキチ」というレッテルが貼られてしまう。

 

 

それだけでも充分ツライけど、きっとその疎外感めいた扱いはずっと続く、そう思ったんだ。

 

 

だから私は中高と同じ学校だった未菜にこの話を聞いてもらおうとした。

 

 

「ふぅん……それであんたの友達が死んだって言うのね。

 

 

こんなこと言うのもアレだけどさ、考えすぎじゃないの」

 

 

未菜は紅茶を飲みながら私にそういったけど、私にはそれが考えすぎなどとは思えなかった。

 

 

「そこまで言うんだったら……。なんかその友達が呪いアプリで死んだっていう確証があるの?」

 

 

私は首を横に振った。確証はないから。

 

 

でも、その時間死んでいたはずの友達からメッセージが来たことと、呪いアプリで呪いをかけられていた彼女が死んだということが、

 

 

私をどうしようもない不安に陥れる。

 

 

「なるほどねぇ。分かった、その6日後ってやつ? 私もあんたと一緒にいてあげるよ」

 

 

「え、いいの?!」

 

 

「いいよ。友達じゃん。けど、それでなにもなかったらそんな悪趣味なアプリはもうやめな」

 

 

「うん」

 

 

私はあまりの嬉しさにその場で大声を上げたくなるほどだった。

 

 

 

■あと4日

 

 

 

スマホの画面には『あと4日だよ』と表示されている。

 

 

大丈夫……私には未菜が居るから。未菜と一緒なら心強いし……。

 

 

眠りの浅い夜にうなされるけどこれももう少しの我慢ね。頑張ろう

 

 

私は自分に言い聞かすけど、私の口とは裏腹に下唇は震えていた。

 

 

「大丈夫……大丈夫」

 

 

大学に行くのが怖い。もしかしたら他の子たちも私を呪っているのかも……

 

 

大丈夫……きっとなにも起こらない……

 

【呪いアプリ3】

[amazonjs asin=”B00FH17E10″ locale=”JP” title=”めろん。”]



このエントリーをはてなブックマークに追加

↓↓ クリックで応援お願いします ↓↓

オカルト・ホラー小説 ブログランキングへ

スポンサードリンク



関連記事

【夜葬】 病の章 -6-

  -5-はこちら   山田舎の屋敷とはいえ、立派な部

記事を読む

no image

くだらない噺

本屋でアルバイトをしている。   だけど、本を売るのが仕事ではない。 &

記事を読む

no image

マヨネーズ

自分でも呆れるほどに好きだ。   サラダ、ギョーザ、卵焼きに煮物。   なん

記事を読む

【連載】めろん。102

めろん。101はこちら ・破天荒 32歳 フリーライター㉗  なん

記事を読む

【連載】めろん。35

めろん。34はこちら ・三小杉 心太 26歳 刑事①  他言無

記事を読む

ホラー小説 / 食べる

  ■いつもと違う朝   その朝はとても気だるくて、気持ちが悪かった。    

記事を読む

no image

無料ホラー連載小説 / 違法ダウンロード

観たい映画ががあった。   漫画が原作で、キャストも豪華だ。   大分と話題

記事を読む

【夜葬】 病の章 -5-

    -4-はこちら   元は昔、蛇

記事を読む

瞬きなら良い/ホラー小説

■意味不明なジンクス       目を

記事を読む

【連載】めろん。87

めろん。86はこちら ・〇〇〇 〇歳 ⑥  端的にそれを喩えるなら、〝

記事を読む

スポンサードリンク



Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク



【連載】めろん。1

■めろんたべますか ・綾田広志 38歳 刑事①

【夜葬】 病の章 -1-

一九五四年。 この年の出来事といえば、枚挙に暇がない。二重橋で一

怪紀行岐阜・強襲する懐かしさ 岐阜レトロミュージアム

■思い出の地・岐阜 どうも最東です。 今回は岐阜

怪紀行岐阜・ノスタルジックシルバー遊園地 恵那峡ワンダーランド

■怪紀行憧れの里 どうも最東です。 遊園地、楽し

怪紀行番外編・伝説はここからはじまった!断罪のファロ ~Beginning~完結編

前回はこちら ■別れ際にさよならなんて言うなよ

怪紀行番外編・伝説はここからはじまった!断罪のファロ ~Beginning~後編

前回のファロはこちら ■明けない夜はない。だけど明けな

怪紀行番外編・伝説はここからはじまった!断罪のファロ ~Beginning~中編

■中編突入う~☆ どうも最東だよ!きゅるりん☆

→もっと見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP ↑