*

【連載】めろん。47

公開日: : 最終更新日:2020/03/24 めろん。, ショート連載, 著作 , ,

めろん。46はこちら

・三小杉 心太 26歳 刑事③

 大城にであってから数日が経過していた。

 それなのに僕はこの家の外にだしてもらえていない。聞けば広島県警のいち警部補だという。階級は上だが本庁の僕が言うことを聞く筋合いはない。

 だがついていないことに大城は綾田の学生時代からの友人だというではないか。これでは突っぱねて自由行動を獲得したところで綾田からカミナリを落とされるのは目に見えている。

 さて、どうしたものか。

「どうだ三小杉。ここの居心地は」

 大城がやってきた。両間から放り込まれた闇の中で拾われた僕は、大城の家にいた。

 ここには彼の妻と娘も一緒に住んでおり、正直居心地は悪い。どうして他人の家庭に自分がぽつんといるのかがわからなかった。

「大城さん、もういいでしょう。僕を自由にしてください」

「だめだ。外にでたら危険」

 またこれだ。大城は外にでたいと申し出ると必ず、外は危険だと言って聞かない。そのくせなにが危険かは答えない。

「僕には仕事があるんです。頼みますよ」

「仕事? 俺にはお前が夜に迷っていたようにしか見えなかったがね」

「突然病に放り込まれたああもなりますよ。助けてくれたことは感謝していますが、外にも出ずここで何日も缶詰にされる理由がわかりません」

 それに一体ここはどこなのだ。窓から望む景色は普通の長閑な町に見える。異様に人通りがないのが気になるが、危険な要素は一切なさそうだ。実際、ここへきてから外でなにも起こってはいない。

「運がよかったんだよお前は。綾田の部下で、なおかつ俺に拾われた。あのまま彷徨っていたらどうなっていたか……」

「いい加減な脅しはやめてください。危険なことなんてなにもないでしょう。土地鑑がないので大城さんに従っていましたが、もう限界です」

「じっとしていればいいんだ。俺もここからでる手段を模索しているところでね」

「ここからでる手段? そんなの勝手にでればいい。引っ越し業者なら今時ネットでも注文できるでしょう」

 そういうことじゃないんだよなぁ、と大城は苦笑した。

 僕のことを馬鹿にしているようで腹が立つ。

「そんなことよりも大城さん、勤務はどうしているんですか。見たところ時々外にはでているみたいですが、仕事をしているようには思えない」

「仕事なんてしてねえよ。したくてもこの状況じゃどうにもならない。通信手段もないし、体のいい監禁だこれじゃ」

 言っている意味がわからなかった。これのどこが監禁なのか。

 だが通信手段がない、というのもまた事実だった。どういうわけかここはインターネットの環境がない。僕のスマホもずっと圏外のままで、ネットはおろか電話すらもできないでいた。

 やむを得ない事態のため、大目に見てもらえるとはわかっていても先が見えない現状に悶々とするのみだった。

 両間に従っているのだからなにも問題はない……と信じたかった。

「まだ両間伸五郎を信用してんのか」

「あなたよりもずっと信頼に足る方です」

「どうだろうな。信頼できるかってところは賛同できないね」

 大城は家族ごとここへ強制的に連れてこられたと話した。

 両間が隠したいことを知ってしまったがための口封じだとも語った。

 バカバカしい話だ。誰がそんな話を信じるというのだ。

 もっといえば両間が信頼に値しなかったとしても関係はない。彼にとって利用価値がある人間、すなわち役に立つ優秀な人間だと認められれば絶対に裏切りはしない。

 ヒエラルキーの上層にいる人間というのは下層のものにまで平等にはしないのだ。

 だから僕は両間に証明する必要があった。

「ずいぶん両間にご心酔のようだが、お前は一体なにを奴に頼まれたんだ?」

「守秘義務がありますので」

「なら言ってやる。なにも言われてないんだろう。だから愚痴を言っていてもお前はこの家からでない」

 反論しようと思ったがやめた。

 大城の言っていることは的を射ていたが、図星だとは思わなかった。

 きっと外にでれば両間の使いのものが接触してくるはずだ。この家からの脱出だって下手をすれば両間のテストなのかもしれない。

 そう考えると急に大城が試験管のように見えてきた。すべてを知っていて僕を試しているのだろうか。

「とにかく、勝手なことはするな。信じられないだろうが俺が言っていることは本当だ。いつになるかわからんが、ここをでるタイミングは俺が教えてやるから今はおとなしくしていろ」

 とても正気とは思えない。これでも警察官の言葉か。

 言っていることが抽象的過ぎて具体性もないし、信用に足る根拠もない。やはりなるべく早くここをでるべきだ。

 そして、僕は僕のやるべきことをやるしかない。

 それにはまず大城の目をいかにしてかいくぐるかだ。

「一見、普通の人間に見えても中身は違う。それをよく覚えておくんだな」

 一瞬、心を読まれたのかと思った。

 大城の横顔を覗き見るとそうではなく、つぶやきに近いものだったようだ。

「中身は違う? ゾンビとかですか」

「揶揄うな。お前だって知っているんだろう。めろんを……」

 思わず絶句した。なぜ大城がめろん事件を知っている?

 いや、知っていてもおかしくはないがそれをどうしてここでするのだ。

 僕が懐疑の目で見ているのにも気づかず、大城は窓の外を窺っていた。

めろん。48へつづく

スポンサードリンク



関連記事

パラレル・ジャーニー / ホラー小説

■当サービスへようこそ       いらっしゃ

記事を読む

ホラー小説 / 食べる その2

■食べる その2  (その1はこちら)     「今日はみなさん、陽太のために来てく

記事を読む

【連載】めろん。97

めろん。96はこちら ・綾田広志 38歳 刑事㊲ 「死んだ? お前のく

記事を読む

【無料お試し】おうちゴハン3 / 新作ホラー小説

「ですからね、奥さん。この写真、買ってくれませんかね? ひぇっひぇ」  

記事を読む

ホラー小説 / ゴミ3

■ゴミ袋の中身       ホクロからのパワハ

記事を読む

【連載】めろん。11

めろん。10はこちら ・木下 英寿 19歳 大学生② 『あら~それは困ったわね

記事を読む

ホラー小説 / サトシくん

■バイト先の女の子       僕は数週間前か

記事を読む

【夜葬】 病の章 -58-

-57-はこちら     「ぼぅっとするな! 貸せ!」

記事を読む

ホラー小説 / 食べる その3

    その1はこちら その2はこちら       ■赤い手から逃れて    

記事を読む

メガネ/ホラー小説

      ■凄惨な事故現場  

記事を読む

スポンサードリンク



Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク



【連載】めろん。1

■めろんたべますか ・綾田広志 38歳 刑事①

【夜葬】 病の章 -1-

一九五四年。 この年の出来事といえば、枚挙に暇がない。二重橋で一

『七回忌』×『カイタン』特別掌編

ミイラ男とキタロー女 曰く付きの場所というものは、なに

【完結】めろん。110

めろん。109はこちら ・星野檸檬 11歳 小

【連載】めろん。109

めろん。108はこちら ・星野檸檬 11歳 小

【連載】めろん。108

めろん。107はこちら ・破天荒 32歳 フリ

【連載】めろん。107

めろん。106はこちら ・綾田広志 38歳 刑事㊴

→もっと見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP ↑