*

マウス / ホラー小説

公開日: : 最終更新日:2016/05/22 ショート連載, ホラーについて

マウス

 

 

 

 

■今日から小学生

 

 

 

きょう、あさにおきたらおとうさんとおかあさんがいてうれしかった。

 

 

いつもはおかあさんだけしかいなくて、おとうさんはおしごとだからです。

 

 

ぼくはおかあさんがつくるホットケーキがすきだけど、いつもしょくパンなのであさごはんはあんまりすきじゃないです。

 

 

でもきょうはあさからホットケーキをやいてくれてぼくはめちゃくちゃうれしかったです。

 

 

あさはいつもいないおとうさんもいるし、ホットケーキをたべれるし、きょうはいいひだなあっておもいます

 

 

ホットケーキにはちみつをかけているとおかあさんが、「たくさんかけすぎちゃむしばになるよ」っていったので、もっとかけたかったけどむしばがこわいのでやめました。

 

 

はちみつのあまいところがおいしかったけど、あまくないところはぱさぱさしたのでおもったよりたべにくかったです。

 

 

でもぎゅうにゅうといっしょにたべるとたべやすいってわかったのではちみつじゃないところはぎゅうにゅうとたべました

 

 

ホットケーキがはんぶんくらいなくなってからおかあさんが、「そろそろおきがえしないとまにあわないわよ。きょうからしょうがくせいのおにいちゃんなんだから」っていったのでおもいだしました。

 

 

ぼくはきょうからしょうがくせいだったんだ!

 

 

 

■ドキドキの一年生

 

 

 

おとうさんがなんでいるのかぼくはぴーんとしました。

 

 

きょうはぼくのにゅうがくしきなのでおとうさんがいたのです。おかあさんがいつもよりおけしょうしているのもにゅうがくしきのことだったんです。

 

 

そうか、ぼくはおにいちゃんになるからきょうからいっぱいおべんきょうするんだ。

 

 

はじめてきるしょうがっこうのせいふくはカサカサしてこちょばかったけれど、ぼくはわくわくしました。

 

 

おかあさんとおとうさんとてをつないでしょうがっこうまであるいていくと、たーくんとまあやちゃんにあいました。

 

 

ふたりともぼくとおんなじせいふくをきていて、なんだかおもしろかったです。

 

 

おとうさんとおかあさんはいっぱいわらって、いっぱいしゃべりました。

 

 

いつもはこんなにたくさんおしゃべりしないからぼくはうれしかったです。

 

 

きょうはにゅうがくしきだから、しょうがっこうまでのみちでいっぱいおんなじせいふくきたひとたちがあるいてました。

 

 

あるいているとしょうがっこうがみえてきて、とてもおおきいたてものだなあとおもいました。

 

 

ほいくえんもおおきかったけど、ほいくえんよりももっともっとおおきくて、ぼくはかんどうしました。

 

 

そのとき、かいじゅうがあらわれて、はしっているくるまとふみつぶしました。

 

 

くるまはぺしゃんこになっておとうさんとおかあさんは「わー!」ってさけんで、にげました。

 

 

ぼくはおとうさんにだっこされて、かいじゅうはこわかったけどうれしかったです。

 

 

かいじゅうはぼくのまえをあるいていたまあやちゃんとまあやちゃんのおとうさんとおかあさんをたべて、ごくんとのみこみました。

 

 

ぼくはこわくてなきました。

 

 

ぼくのないたこえでかいじゅうがおいかけてきたのです。

 

 

ぼくはいっしょうけんめいたすけてーとさけびました。

 

 

さけべばきっとけいさつのひとがたすけてくれるからです。

 

 

かいじゅうはともだちをたべてどんどんおおきくなりました。

 

 

ぼくはかいじゅうをやっつけるほうほうがないかな、とおもいました。

 

 

いっぱいあるたてものがぜんぶがったいして、ろぼっとになったらかてるんじゃないかっておもいました。

 

 

「がったいしてろぼっとになってかいじゅうやっつけて!」

 

 

ってぼくがさけんだら、たてものががったいしておおきなてになりました。

 

 

 

■大きな手

 

 

 

おおきなては、かいじゅうのくびをつかんでそらにもちあげました。

 

 

そしてかいじゅうをどこかにやってしまった!

 

 

ウルトラマンみたいにかっこいいやつじゃなかったけどぼくはおおきなてにたすけてもらったのです。

 

 

だけどおおきなてはかいじゅうをどこかにやったあと、またもどってきました。

 

 

おおきなてはおかあさんをつかむとおおきなはりでおかあさんをさしました。

 

 

ぼくがなくとつぎはおとうさんをはりでさしました。

 

 

ぼくはいっぱいなきました。

 

 

ずっとずっとなきました。かなしくてかなしくてかなしくてなきました。

 

 

 

■結果

 

 

 

「……ふぅ」

 

 

「うん? どうした」

 

 

「どうしたもこうしたもないよ。気が滅入るんだよな、これ読んでると」

 

 

「ああ……なんだっけ。確か『マウスの思考を言語化する人工知能』の実験だっけ」

 

 

「そう、マウスの思考を人間の言葉にするのにさ、もっとも適した単語をAIが選んでるんだが……なんつーか、逆にそれが趣味悪いっていうか」

 

 

「どれどれ、読ませてみろよ…………うわあ、これ気持ち悪いな」

 

 

「そうだろ? マウスが見えてるものから小学生を連想したんだろう。支離滅裂な展開もそれらを俺たちに置き換えればなんとなくわかる。ほら、この怪獣ってのはマウスが上位生物だって催眠注射した猫をマウスの箱に入れる実験やったろ? その猫のことなんだよ」

 

 

「やっぱり動物の心なんて覗くもんじゃないねぇ、特に実験動物なんて」

 

 

「俺は絶対いやだわ、実験動物なんてさ」

 

 

 

 

スポンサードリンク



関連記事

考察・ジェイソンか貞子 / 恐怖の種類

  ■モンスターと幽霊      

記事を読む

視線恐怖症 / ホラー小説

      ■他者視線恐怖症  

記事を読む

【夜葬】 病の章 -62-

-61-はこちら     それから鈍振村に病が流行する

記事を読む

解読不能の手記 / おすすめホラーブログ

◆スフィンクスの謎を御存じですか      どうも最東です。      

記事を読む

【夜葬】 病の章 -85-

-84-はこちら     取材が終わる頃、健一はシャツ

記事を読む

ホラー小説 / 防犯カメラ

■深夜のコンビニ       パタン、

記事を読む

【連載】めろん。58

めろん。57はこちら ・破天荒 32歳 フリーライター⑬ 「や

記事を読む

no image

双葉社ホラー賞 最終選考にノミネートされました。

■こっそりとエントリー       どうも最東

記事を読む

【連載】めろん。19

めろん。18はこちら ・破天荒 32歳 フリーライター②  黒電話

記事を読む

【連載】めろん。72

めろん。71はこちら ・破天荒 32歳 フリーライター⑭  広志が研究

記事を読む

スポンサードリンク



Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク



【連載】めろん。1

■めろんたべますか ・綾田広志 38歳 刑事①

【夜葬】 病の章 -1-

一九五四年。 この年の出来事といえば、枚挙に暇がない。二重橋で一

【連載】めろん。108

めろん。107はこちら ・破天荒 32歳 フリ

【連載】めろん。107

めろん。106はこちら ・綾田広志 38歳 刑事㊴

【連載】めろん。106

めろん。105はこちら ・綾田広志 3

【連載】めろん。105

    めろん。104はこちら

【連載】めろん。104

めろん。103はこちら ・破天荒 32歳 フリ

→もっと見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP ↑