*

マウス / ホラー小説

公開日: : 最終更新日:2016/05/22 ショート連載, ホラーについて

マウス

 

 

 

 

■今日から小学生

 

 

 

きょう、あさにおきたらおとうさんとおかあさんがいてうれしかった。

 

 

いつもはおかあさんだけしかいなくて、おとうさんはおしごとだからです。

 

 

ぼくはおかあさんがつくるホットケーキがすきだけど、いつもしょくパンなのであさごはんはあんまりすきじゃないです。

 

 

でもきょうはあさからホットケーキをやいてくれてぼくはめちゃくちゃうれしかったです。

 

 

あさはいつもいないおとうさんもいるし、ホットケーキをたべれるし、きょうはいいひだなあっておもいます

 

 

ホットケーキにはちみつをかけているとおかあさんが、「たくさんかけすぎちゃむしばになるよ」っていったので、もっとかけたかったけどむしばがこわいのでやめました。

 

 

はちみつのあまいところがおいしかったけど、あまくないところはぱさぱさしたのでおもったよりたべにくかったです。

 

 

でもぎゅうにゅうといっしょにたべるとたべやすいってわかったのではちみつじゃないところはぎゅうにゅうとたべました

 

 

ホットケーキがはんぶんくらいなくなってからおかあさんが、「そろそろおきがえしないとまにあわないわよ。きょうからしょうがくせいのおにいちゃんなんだから」っていったのでおもいだしました。

 

 

ぼくはきょうからしょうがくせいだったんだ!

 

 

 

■ドキドキの一年生

 

 

 

おとうさんがなんでいるのかぼくはぴーんとしました。

 

 

きょうはぼくのにゅうがくしきなのでおとうさんがいたのです。おかあさんがいつもよりおけしょうしているのもにゅうがくしきのことだったんです。

 

 

そうか、ぼくはおにいちゃんになるからきょうからいっぱいおべんきょうするんだ。

 

 

はじめてきるしょうがっこうのせいふくはカサカサしてこちょばかったけれど、ぼくはわくわくしました。

 

 

おかあさんとおとうさんとてをつないでしょうがっこうまであるいていくと、たーくんとまあやちゃんにあいました。

 

 

ふたりともぼくとおんなじせいふくをきていて、なんだかおもしろかったです。

 

 

おとうさんとおかあさんはいっぱいわらって、いっぱいしゃべりました。

 

 

いつもはこんなにたくさんおしゃべりしないからぼくはうれしかったです。

 

 

きょうはにゅうがくしきだから、しょうがっこうまでのみちでいっぱいおんなじせいふくきたひとたちがあるいてました。

 

 

あるいているとしょうがっこうがみえてきて、とてもおおきいたてものだなあとおもいました。

 

 

ほいくえんもおおきかったけど、ほいくえんよりももっともっとおおきくて、ぼくはかんどうしました。

 

 

そのとき、かいじゅうがあらわれて、はしっているくるまとふみつぶしました。

 

 

くるまはぺしゃんこになっておとうさんとおかあさんは「わー!」ってさけんで、にげました。

 

 

ぼくはおとうさんにだっこされて、かいじゅうはこわかったけどうれしかったです。

 

 

かいじゅうはぼくのまえをあるいていたまあやちゃんとまあやちゃんのおとうさんとおかあさんをたべて、ごくんとのみこみました。

 

 

ぼくはこわくてなきました。

 

 

ぼくのないたこえでかいじゅうがおいかけてきたのです。

 

 

ぼくはいっしょうけんめいたすけてーとさけびました。

 

 

さけべばきっとけいさつのひとがたすけてくれるからです。

 

 

かいじゅうはともだちをたべてどんどんおおきくなりました。

 

 

ぼくはかいじゅうをやっつけるほうほうがないかな、とおもいました。

 

 

いっぱいあるたてものがぜんぶがったいして、ろぼっとになったらかてるんじゃないかっておもいました。

 

 

「がったいしてろぼっとになってかいじゅうやっつけて!」

 

 

ってぼくがさけんだら、たてものががったいしておおきなてになりました。

 

 

 

■大きな手

 

 

 

おおきなては、かいじゅうのくびをつかんでそらにもちあげました。

 

 

そしてかいじゅうをどこかにやってしまった!

 

 

ウルトラマンみたいにかっこいいやつじゃなかったけどぼくはおおきなてにたすけてもらったのです。

 

 

だけどおおきなてはかいじゅうをどこかにやったあと、またもどってきました。

 

 

おおきなてはおかあさんをつかむとおおきなはりでおかあさんをさしました。

 

 

ぼくがなくとつぎはおとうさんをはりでさしました。

 

 

ぼくはいっぱいなきました。

 

 

ずっとずっとなきました。かなしくてかなしくてかなしくてなきました。

 

 

 

■結果

 

 

 

「……ふぅ」

 

 

「うん? どうした」

 

 

「どうしたもこうしたもないよ。気が滅入るんだよな、これ読んでると」

 

 

「ああ……なんだっけ。確か『マウスの思考を言語化する人工知能』の実験だっけ」

 

 

「そう、マウスの思考を人間の言葉にするのにさ、もっとも適した単語をAIが選んでるんだが……なんつーか、逆にそれが趣味悪いっていうか」

 

 

「どれどれ、読ませてみろよ…………うわあ、これ気持ち悪いな」

 

 

「そうだろ? マウスが見えてるものから小学生を連想したんだろう。支離滅裂な展開もそれらを俺たちに置き換えればなんとなくわかる。ほら、この怪獣ってのはマウスが上位生物だって催眠注射した猫をマウスの箱に入れる実験やったろ? その猫のことなんだよ」

 

 

「やっぱり動物の心なんて覗くもんじゃないねぇ、特に実験動物なんて」

 

 

「俺は絶対いやだわ、実験動物なんてさ」

 

 

 

 

スポンサードリンク



関連記事

【連載】めろん。66

めろん。65はこちら ・綾田広志 38歳 刑事㉓  光を失くした黒い瞳

記事を読む

【連載】めろん。29

めろん。28はこちら ・星野檸檬 11歳 小学生① 「お姉ちゃーん、か

記事を読む

【連載】めろん。60

めろん。59はこちら ・綾田広志 38歳 刑事⑰ 「やあ、来た

記事を読む

【夜葬】 病の章 -49-

-48-はこちら     【夜葬】を勘違いしていたのは

記事を読む

【夜葬】 病の章 -1-

一九五四年。 この年の出来事といえば、枚挙に暇がない。二重橋で一六人が死ぬ事故で幕を開けたかと

記事を読む

考察・ジェイソンか貞子 / 恐怖の種類

  ■モンスターと幽霊      

記事を読む

no image

ネットに転がる恐怖を融合 / 恐怖に飢えた現代人-2

■氾濫する恐怖画像   どうも最東です。   こんなおどろおどろしく作って

記事を読む

【連載】めろん。81

めろん。80はこちら ・坂口勉 38歳 大学准教授②  研究室は人手が

記事を読む

【ブログ小説】ひとり10万円 5

-4-はこちら     5  

記事を読む

【無料お試し】おうちゴハン3 / 新作ホラー小説

「ですからね、奥さん。この写真、買ってくれませんかね? ひぇっひぇ」  

記事を読む

スポンサードリンク



Message

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサードリンク



【連載】めろん。1

■めろんたべますか ・綾田広志 38歳 刑事①

【夜葬】 病の章 -1-

一九五四年。 この年の出来事といえば、枚挙に暇がない。二重橋で一

いよいよ発売!初の旅エッセイ『この場所、何かがおかしい』

イラストはあまのたいらさん(https://twitter.com/

怪紀行大阪・飛田新地 旅館満すみ・鯛よし百番

■クラウドファンッ ディング!! どうも

怪紀行栃木・日本最強の縁切り神社 門田稲荷

■悪縁を断ち切り、良縁を結ぶ どうも最東です。ムカつく

怪紀行愛知 栄枯盛衰悲喜交々・名楽園中村遊郭跡

■国内最大級の花街へ どうも最東です。最近ムラムラしや

怪紀行愛知・英霊たちは静かに佇む知多中之院 軍人墓地

■旅は迷う どうも最東です。みなさん、今日も迷ってます

→もっと見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP ↑