*

「 ブログ独占 」 一覧

怪紀行愛知 栄枯盛衰悲喜交々・名楽園中村遊郭跡

■国内最大級の花街へ どうも最東です。最近ムラムラしやがる、いっちょ女でも抱いてやっか!(おまわりさん、こっちです!) 今のご時勢、こんな発言をすればたちまち猛批判の的。最東は女

続きを見る

怪紀行愛知・働く人形たち 南極観測船ふじ

■魔の誘い どうも最東です。 長男氏(12)が寝転んでスマホばかりいじっているところに、スッと隣に滑り込みました。身体も大きく、もはや子供と呼ぶには憚られる長男氏の耳元で、

続きを見る

怪紀行 奈良大神神社 三重虹の泉

怪紀行奈良・東洋民族博物館はこちら ■俺の彼氏、ファロ どうも最東です。 今回はあたいの彼氏ファロが行きたい場所に行ってきたよ。 奈良県は桜井市にある大神神社ってとこ

続きを見る

【完結】めろん。110

めろん。109はこちら ・星野檸檬 11歳 小学生⑤  まだ夢の中にいるような、まどろんだ瞳でぼんやりと理沙は私を見つめていた。  突然のことに驚いてしまい、声が出

続きを見る

【連載】めろん。109

めろん。108はこちら ・星野檸檬 11歳 小学生④  蛙子と綾田を待ってしばらくしたころ、周りが慌ただしくなるのを感じた。  いつも笑顔を浮かべている両間でさえ一

続きを見る

【連載】めろん。108

めろん。107はこちら ・破天荒 32歳 フリーライター㉛  スーパーから逃げだして、私は目的を見失ってしまった。  広志はあそこにはいなかった。いや、いなかったと

続きを見る

【連載】めろん。107

めろん。106はこちら ・綾田広志 38歳 刑事㊴  赤く天を衝きそうな火柱をあげて燃える家をやじうまたちが見上げていた。   普段は互いに無関心を決め込み、その実

続きを見る

【連載】めろん。106

めろん。105はこちら ・綾田広志 38歳 刑事㊳  蛙子と付き合っていた時のことを思い出す。   あいつはサバサバしているように見えて実は気を遣う性格をしていた。食事

続きを見る

【連載】めろん。105

    めろん。104はこちら ・破天荒 32歳 フリーライター㉚  その瞬間、振り下ろされた鎌が私に突き刺さったのだと思った。  生温か

続きを見る

【連載】めろん。104

めろん。103はこちら ・破天荒 32歳 フリーライター㉙ 「共食い鬼?」 「ええ。よほどの新入りならもしかするとまだかもしれませんが、ここの住民はね知らずに一度は

続きを見る

スポンサードリンク



スポンサードリンク



【連載】めろん。1

■めろんたべますか ・綾田広志 38歳 刑事①

【夜葬】 病の章 -1-

一九五四年。 この年の出来事といえば、枚挙に暇がない。二重橋で一

怪紀行番外編・伝説はここからはじまった!断罪のファロ ~Beginning~前編

■前回までのあらすじ ごきげんよう。私はゴスロリライダ

怪紀行滋賀・ワンオペテーマパークin石田三成 佐和山遊園

■世はワンオペ戦国時代 どうも最東です。

怪紀行滋賀県・通りすがりの廃機関車 多賀SLパーク跡

■意図せずバッタリ怪紀行 どうも最東です。滋賀のラーメ

怪紀行兵庫淡路島・日本で2番目の逆さの世界? みたから公園

■淡路島はすてきなところ どうも最東です。いやあ、淡路

怪紀行和歌山・幾千の瞳が見つめる人形供養のメッカ 淡嶋神社

■怪紀行らしさ全開のスポット どうも最東です。

→もっと見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP ↑