*

実況板

一人きりという恐怖


 

ある大学生。

念願の一人暮らし。

……のはずだった。

一人だけの部屋に得体の知れない気配。

 

密室から助けを求めたのは、インターネット


 

巨大掲示板。

そこの住人達に救いを求める。

たった一人の部屋で唯一大多数の人間と繋がれる場所。

インターネット。

そこに一つのスレッドが立った。

 

「どうでもいいが俺ん家のトイレに誰かいるんだが」

 

スポンサードリンク




公開日:

スポンサードリンク



【夜葬】 病の章 -85-

-84-はこちら    

【夜葬】 病の章 -84-

-83-はこちら    

【夜葬】 病の章 -83-

-82-はこちら    

【夜葬】 病の章 -82-

-81-はこちら   ――一九七〇年四月

【夜葬】 病の章 -81-

-80-はこちら    

→もっと見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP ↑