*

「 めろん。 」 一覧

【連載】めろん。26

めろん。25はこちら ・大城大悟 38歳 刑事② 「両間が?」  電話の向こうで綾田はやはり驚いていた。  考えていなかったわけではないが、実際に直面

続きを見る

【連載】めろん。25

めろん。24はこちら ・大城大悟 38歳 刑事①  綾田の話を聞いていた俺は頭を抱えた。  公安が『メロン』の事件を攫ってゆく、そこまでは知っている。だが綾田の言っ

続きを見る

【連載】めろん。24

めろん。23はこちら ・早乙女 公佳 16歳 高校生②  ドアの隙間にメモを滑り込ませるとほどなくしてまたメモがきた。 『今、私の言葉も含めすべてが『メロン』と聞こ

続きを見る

【連載】めろん。23

めろん。22はこちら ・早乙女 公佳 16歳 高校生①  怖いよ……怖いよ……  押し入れの中で声を声を殺した。  ドン、ドン、とドアを叩く音。  ガチ

続きを見る

【連載】めろん。22

めろん。21はこちら ・破天荒 32歳 フリーライター⑤  しばらく広志は考え込んでいた。  それに付き合って私も黙っていてやる。時折スマホを見たり、手帳でスケジュールをチ

続きを見る

【連載】めろん。21

めろん。20はこちら ・破天荒 32歳 フリーライター④ 「助かっていない? ワクチンがないのか」  広志は「ウェンディゴ症候群」を「病気」であるとすぐに頭

続きを見る

【連載】めろん。20

めろん。19はこちら ・破天荒 32歳 フリーライター③  明日というのは本当にくるのが早い。それ以上に奴が待ち合わせにくるのも早かった。  刑事という職業柄なのか

続きを見る

【連載】めろん。19

めろん。18はこちら ・破天荒 32歳 フリーライター②  黒電話のベルがけたたましく朝もやの部屋に鳴り響いた。  うっすらしたままの意識で薄く目を開ける。

続きを見る

【連載】めろん。18

めろん。17はこちら ・破天荒 32歳 フリーライター  ヴォイニッチ手稿をご存じだろうか。  一九一二年にイタリアで発見された古文書で、どこの誰がいつなんのた

続きを見る

【連載】めろん。17

めろん。16はこちら ・綾田広志 38歳 刑事⑦  メロンに憑りつかれた人間は、器用さに個人差はあるもののすべからくして全員が痛いの解体法を知っていた。上手い人間は綺麗に

続きを見る

スポンサードリンク



スポンサードリンク



【連載】めろん。1

■めろんたべますか ・綾田広志 38歳 刑事①

【夜葬】 病の章 -1-

一九五四年。 この年の出来事といえば、枚挙に暇がない。二重橋で一

【連載】めろん。36

めろん。35はこちら ・三小杉 心太 26歳 

【連載】めろん。35

めろん。34はこちら ・三小杉 心太 

【連載】めろん。34

めろん。33はこちら ・綾田広志 38歳 刑事

【連載】めろん。33

めろん。32はこちら ・綾田広志 38

【連載】めろん。32

めろん。31はこちら ・綾田広志 38歳 刑事

→もっと見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP ↑