*

「 ショート連載 」 一覧

【夜葬】 病の章 -71-

-70-はこちら     朝が来た。     恐怖で震え、目が冴えてしまい、眠れるわけがないと思っていた鉄二だったが

続きを見る

【夜葬】 病の章 -70-

-69-はこちら     慌てて飛び込んだ家。     すぐに心張棒をあてがい、外からの侵入を防いだ。 &nb

続きを見る

【夜葬】 病の章 -69-

-68-はこちら     「顔がなくなるなんて聞いていない!」     人気のない夜の鈍振神社に、五月女の悲痛な叫び

続きを見る

【夜葬】 病の章 -68-

-67-はこちら     ――五月女? 聞き覚えがないな。     玄関に向かいながら鉄二は、記憶の中に五月女の名を

続きを見る

【夜葬】 病の章 -67-

-66-はこちら       自分はもう長くない。     馬鹿正直にそれを夫に話してしまえば、彼は

続きを見る

【夜葬】 病の章 -66-

-65-はこちら   「きちんと正規の手順を踏んで、死者を弔う【夜葬】。村にとって、これがどれほど重要なものか、お分かりだろう」    

続きを見る

【夜葬】 病の章 -65-

-64-はこちら       ――おかわりありますか、だと? どこの誰だ。そんな間抜けなことをわざわざ言いに来るのは。  

続きを見る

【夜葬】 病の章 -64-

-63-はこちら         【夜葬】の起源はさだかではない。     だが敬介

続きを見る

【夜葬】病の章 -63-

-62-はこちら       “【夜葬】をよみがえらせる”――。     その噂は人目を避けて暮らし

続きを見る

【夜葬】 病の章 -62-

-61-はこちら     それから鈍振村に病が流行するのはすぐだった。     いや、厳密に言えばその兆候はあった。

続きを見る

スポンサードリンク



スポンサードリンク



【連載】めろん。20

めろん。19はこちら ・破天荒 32歳 フリー

別府ゲンシシャ、福岡大刀洗へ行ってきました。

◆お久しぶりです どうも最東です。当ブログを連載に切り

【連載】めろん。19

めろん。18はこちら ・破天荒 32歳 フ

【連載】めろん。18

めろん。17はこちら ・破天荒 32歳 フ

【連載】めろん。17

めろん。16はこちら ・綾田広志 38歳 刑事

→もっと見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP ↑