*

「 ショート連載 」 一覧

【夜葬】 病の章 -87- 最終話

-86-はこちら   栃木に帰った健一は、翌日も会社を休んだ。     家でなにをするでもなく、一日中寝転んでは本を読んだり、テレビ

続きを見る

【夜葬】 病の章 -86-

-85-はこちら     テレビ屋さん。     あんた、知っているかい。    

続きを見る

【夜葬】 病の章 -85-

-84-はこちら     取材が終わる頃、健一はシャツを汗でぐっしょりと濡らしていた。     まさに滴らんばかりの

続きを見る

【夜葬】 病の章 -84-

-83-はこちら     平べったい辞典のような、テープレコーダーをカバンから取り出す。     汗をかいたミックス

続きを見る

【夜葬】 病の章 -83-

-82-はこちら       社内で健一の企画が立ち消えが噂されはじめた七月初旬。     半袖の町

続きを見る

【夜葬】 病の章 -82-

-81-はこちら   ――一九七〇年四月。     日本中、女性たちの悲鳴で染められていた。    

続きを見る

【夜葬】 病の章 -81-

-80-はこちら       背丈よりも低い石柱に『鈍振神社』と彫られてある。     それを懐中電

続きを見る

【夜葬】 病の章 -80-

-79-はこちら     時は、僅かに遡ること半日前。     葛城が赩飯の握り飯を美味そうに食う宇賀神を見た直後で

続きを見る

【夜葬】 病の章 -79-

-78-はこちら       一九五九年五月十九日。     杉山の夜葬が明けた早朝のことだった。村

続きを見る

【夜葬】 病の章 -78-

-77-はこちら     「葛城さん。どんぶりさんの前ですよ、静かにしてください」     葛城の吃驚とは対照的に、

続きを見る

スポンサードリンク



スポンサードリンク



【連載】めろん。1

■めろんたべますか ・綾田広志 38歳 刑事①

【夜葬】 病の章 -1-

一九五四年。 この年の出来事といえば、枚挙に暇がない。二重橋で一

【連載】めろん。36

めろん。35はこちら ・三小杉 心太 26歳 

【連載】めろん。35

めろん。34はこちら ・三小杉 心太 

【連載】めろん。34

めろん。33はこちら ・綾田広志 38歳 刑事

【連載】めろん。33

めろん。32はこちら ・綾田広志 38

【連載】めろん。32

めろん。31はこちら ・綾田広志 38歳 刑事

→もっと見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP ↑